日本最大級の国際インテリア見本市 JAPANTEX
Top

6月 2017

暮らしぼっこブース(JAPANTEX2016)

暮らしぼっこ「JAPANTEX2017での期待の声も上がっています」 JAPANTEX2016出展者インタビュー

暮らしぼっこ

————————————————-
JAPANTEX2016ロゴ  

暮らしぼっこ (出展者インタビュー 2017年6月)
————————————————-
暮らしぼっこは東京ビッグサイトで開催したインテリアの展示会 ”JAPANTEX2016” にてインテリアコーディネーター及びインテリア団体を紹介をしました。
————————————————-

【Q.JAPANTEX2016での展示内容を教えてください】

インテリアコーディネーター及びインテリア団体、関係者のご紹介と
協賛していただいた商品を使っての作品展示(こたつ布団など)です。

暮らしぼっこブース(JAPANTEX2016)

暮らしぼっこブース(JAPANTEX2016)

【Q..出展した際のターゲットや目標、コンセプトはなにでしたか?】

全国からたくさんのインテリコーディネーターの方々も来場される展示会として、この場に来れば、仲間に巡り合え、共通の意識、新しい着意に出会え、自分の世界を広げることが出来る。
そういうことをインテリアコーディネーター・団体・関係者に意識してもらい、
この業界を盛り上げていけるキーワードとしてJAPANTEXでのイベントが定着してほしいと思いました。

 

【Q.お客様の反応はいかがでしたか?】

JAPANTEX2015にも増して広く認識していただけ、JAPANTEX2017での期待の声も上がっています。

 

【Q.成果事例がありましたら教えてください。】

遠方から来場できなかった方々からも、JAPANTEX2017では「ぜひ行きます!とのお声も上がっております。

 

【Q.今年2017年のイチオシ商品・製品を教えてください。】

「暮らしぼっこ」は商品・製品を提案しておりませんが、先日の御協会の出展者説明会でされた「特別セミナー」で福島様の話の中で出たアップルや蔦屋の事例のように、「販売」「ショールーム」「展示会」などの『あり方』『居場所』が変わって来ると感じています。

暮らしぼっこブース(JAPANTEX2016)

暮らしぼっこブース(JAPANTEX2016)



【Q.今後の予定を教えてください。】

JAPANTEX2017も「暮らしぼっこ」の企画を盛り上げるべく、各インテリア団体、個人のイベンドなどでお声がけをしております。

 

【Q.その他・来場された方にメッセージなどお願いします。】
Facebookや各インテリア団体などのブログでも写真やたくさんのメッセージが流れました。
JAPANTEX2017で皆様に会えることを楽しみにしています。」

 

 

■お問い合わせ先:暮らしぼっこ 小山
ic_koyama@kurashibokko.net

 
http://www.kurashibokko.net/index.html