2018topInterior Design CompetitionJAPANTEX NEWSTopインテリアデザインコンペ 「光」という観点に着目しました 2017最優秀賞 北海道芸術デザイン専門学校

2018年8月10日by nif

————————————————-

インテリアデザインコンペ 
(入賞者インタビュー 2018年7月)
————————————————-
インテリアデザインコンペ2017最優秀賞の北海道芸術デザイン専門学校 山下 可門さん川端 雅人さん松井 一樹さんを代表して山下さんに受賞後のアンケートをとらせていただきました。
————————————————-

2017年 最優秀賞
作品名: マグリットの蜃気楼
北海道芸術デザイン専門学校
ズラタン 山下 可門・川端 雅人・松井 一樹

2017年 最優秀賞 作品名: マグリットの蜃気楼 北海道芸術デザイン専門学校 ズラタン 山下 可門・川端 雅人・松井 一樹
2017年 最優秀賞
作品名: マグリットの蜃気楼
北海道芸術デザイン専門学校
ズラタン 山下 可門・川端 雅人・松井 一樹

 

【Q.現在の所属、職種、現在の活動を教えてください

(山下)卒業後、ワーキングホリデーを利用した留学の準備を進めています。
(川端)卒業後、株式会社カンディハウス
(松井)卒業後、株式会社一寸房

でそれぞれ頑張っております。

【Q.作品で表現したことは何でしたか?】

(山下)「日本のおもてなし」という様々な捉え方ができるテーマに対し、「光」という観点に着目し日本特有の四季の変化を織り交ぜ、現代の人々に欠けている「見つめる時間」を感じさせるインテリアを表現しました。

マグリットの蜃気楼 ズラタン 北海道芸術デザイン専門学校 山下 可門・川端 雅人・松井 一樹
マグリットの蜃気楼
ズラタン
北海道芸術デザイン専門学校
山下 可門・川端 雅人・松井 一樹


【Q.作品作りの思い出を教えてください。】

(山下)初期の段階では着地点が全く違ったのですが、図面におこし模型を作っていく中で徐々に完成品に近づき、改めて模型作りの大切さを感じた作品でした。

 

【Q.受賞した時の感想教えてください。】

(山下)まさか賞に選ばれるとは思わず初めは驚き、実感が沸きませんでしたが、とても嬉しかったです。
実際に表彰式に出させて頂き、審査員の方々の講評はもちろん同じ会場内の企業ブースなど普段見ることが出来ないような展示を見学でき、とても良い経験になりました、ありがとうございました。

【Q.デザインコンペに応募して( 賞をもらって)、その後の活動に影響がありましたか︖】

(山下)コンペに応募し初めて賞をいただいて、
個人的にはまだまだ様々な分野に可能性があると感じ、色々なことに挑戦するきっかけになりました。

【Q.ご自由にコメントをお願いします。】

(山下)JAPANTEXインテリアデザインコンペという全国規模のコンペに応募するということは自分の力量を測るにはとても良い場だと思います。
これからの応募者の皆さんには臆せず挑戦する気持ちを持って過去の作品を上回る素晴らしい作品を作り上げていってもらいたいです。

JAPANTEX2017 最優秀賞



あなたの作品が東京ビッグサイトで展示され、表彰されるかも
インテリアデザインコンペ2018の詳細は
http://japantex.jp/?p=6743

インテリアデザインコンペ2018